FAIL (the browser should render some flash content, not this).

過去の記事  10月, 2010

0

11月3日(水・祝)に、(社)日本美容鍼灸協会と当会の共催で「第1回 日本美容鍼灸振興大会」を開催する運びとなりましたことは、既にご案内致しました

本大会を共催する(社)日本美容鍼灸協会 理事であり、本大会の第1部のシンポジストを務める百木彰彦氏よりメッセージが届いておりますで、今回は百木氏のメッセージをご紹介させていただきたいと思います。

(社)日本美容鍼灸協会 理事 百木彰彦氏

以下、百木氏からのメッセージです。

社)日本美容鍼灸協会 理事の百木彰彦です。

11月3日(水・祝)に「第1回 日本美容鍼灸振興大会」の第1部を開催する運びとなり、本大会において、私はシンポジストとして発表の場をいただくことになりました。

美容鍼灸を実践する中で、最近、専門家(鍼灸師)の方々から色々なお話を伺うようになりました。

「これから美容鍼灸を始めたいと思うが、何から始めてよいのかわからない。」

「実際に治療院で実践しています。しかし、たまに受ける人はいるがなかなか続かない。」

「美容鍼灸を受ける人が思ったように増えない。」……….. などなど。

「美容鍼灸の効果が…」などということよりも、どのようにして始めたら良いか?
また、どのように継続してもらうか?

というようなお話が多いのです。

そして、そのようなお話を聞いていると、「自分のところは少し違うんだな」と感じるようになりました。

率直に申しまして、私のところでは、美容鍼灸の導入にはそれ程苦労しませんでした。

詳 細につきましては、大会当日にお話しさせていただきたいと思いますが、既存の利用者に「告知」をして、「体験」をしていただいたり、受けた方から感想をい ただいて、それを新規の方にご覧いただき新規の利用者に「受けやすい」ものにしたりなど、工夫と実践を繰り返し行ってまいりました。

そして、美容鍼灸の施術において、着実に効果を出し、利用者の支持を得ることにはちょっととしたコツがあると、最近では自分なりに感じています。

今回の「第一回日本美容鍼灸振興大会」のシンポジウムでは、美容鍼灸の導入と実践について、各シンポジストが実体験に基づいた話を致します。

既 に現場で実践されている方々には、少々もの足りない部分もあろうかとは思います。また、「そんな事はとっくにやっている!!」とお叱りを受けるお話もある かもしれませんが、今では施術単価も上がり、美容鍼灸のみで延べ人数にして約40人 / 月の方に利用して頂けるようになりました。

また、現時点で、2年以上続いている固定客も新規の方も、着実にに増えてきているという現状があります。

そのため、美容鍼灸の実践する中で、私自身が気付いたこと、失敗してしまったこと、また、今現在役立っている事、実際に実践している事などをお話しすることで、少しでも皆さんの美容鍼灸の実践に役立てていただくことができればと考えております。

今回の私のお話は「シンポジウム」の一環としてのお話ですから、「総合討論」では活発な意見交換なども出来るといいですね。

その中で、美容鍼灸を実践する上での気付きが沢山あると思います。

そんな気付きを、多くの先生方と共有することで、お互いに今後の施術に活かしていくことができればと考えております。

美容という事で何となくやりづらいと思ったり、特に男性の鍼灸師の方は、どうしてよいかわからなかったりと難しい部分も多いと思います。

しかしちょっとしたきっかけやヒントがあると、美容鍼灸の導入はそんなに難しい事ではありません。

また、日本には独自の「効果的な技術」があるわけですから、美容鍼灸の導入が難しいと思われている先生方も、ちょっとしたきっかけや工夫で、変わってくると思います。

現実として、私のところでは、継続して通ってくださる固定層が増え、本当に満足していただいています。

つきましては、「第1回 美容鍼灸振興大会」にぜひご参加頂き、日本における美容鍼灸を盛り上げ、より多くの利用者に広げていきましょう!

(社)日本美容鍼灸協会 理事 百木彰彦

大会の詳細につきましてはコチラの記事をご覧ください

↓↓↓↓↓

http://ameblo.jp/kenbi-kai/entry-10661702251.html

0

ハロウィンは浜松で美容鍼灸セミナー

土曜日 10月 30, 2010  投稿者: yojospahari
カテゴリ:

明日は日曜日でハロウィン

世の中的にはお祭りです

僕はと言えば、美容鍼灸セミナーの講師を依頼されていて、明日は朝から浜松に出張です

地元のご専門家や学生さんが40人も参加されるとのこと

よっしゃ~

浜松の皆さんにホンモノの美容鍼灸を知っていただかなくては

それに明日はお祭りだあ

年に1度だし、コスプレでもしちゃおうかな

第1回 日本美容鍼灸振興大会に 是非ご参加ください

↓↓↓↓↓

第1回 日本美容鍼灸振興大会開催のお知らせ

美容鍼灸安全管理講習会のお知らせ

ご訪問有難うございます
本日もワンクリックよろしくお願いします  m(_ _ )m

こちらの記事もご覧ください

↓↓↓↓↓

美容鍼灸にまつわる「嘘」と「罪」(1) ~ インスタントな指導者たち ~

美容鍼灸にまつわる「嘘」と「罪」(2) ~ 「自作自演」の自称有名人に要注意 ~

「第1回 日本美容鍼灸振興大会」講師陣のご紹介

0
美容鍼灸・実践鍼灸 3日間集中セミナー
受講者募集中 !


日本健康美容鍼灸研究会(健美会)では、平成22年11月14日(日)~16日(火)に 美容鍼灸・実践鍼灸 3日間集中実技セミナーを開講致します。

毎回受講のお申し込みが開講直前に集中する傾向がありますが、当セミナーでは参加人数を12人までの少人数制としており、受付をさせていただけないケースも増えております。

つきましては、開講までにはまだ時間がありますが、受講をご希望される場合には、お早めにお申し込みくださいますようお願い致します。

主 催  : 日本健康美容鍼灸協会(健美会)

講 師  : 北川 毅

日 程  : 平成22年 11月14日(日)~16日(火)
午前9時 ~ 午後5時

会 場  : 日本健康美容鍼灸協会 本部講習室(東京都港区)

受講資格 : 鍼灸師・医師(学生可)で喫煙を行わない者

受講料  : 160,000円

・ 主な内容

道具としての針の知識      美容鍼灸の基礎
針の選択と持針法/刺入法    二指推鍼法
刺針技術(短針)        中医針灸と補瀉手技
顔面部・頭部の経穴と効能    顔面部に対する刺針法
美顔鍼法(生肌養顔鍼法) 1  しわとたるみ
美顔鍼法(生肌養顔鍼法) 2  くすみとくま
美容鍼灸とリスク管理      訴求力を高めるプラスαの技術と手法
美容鍼灸と経営戦略       技術チェック・指導

セミナーの特徴

少人数制

各コース9人までの少人数制により、個別指導を目指しています

再受講(聴講)無料

習得した技術を確認できるよう、再受講を無料としています(ただし聴講のみ)

受講料分納可

まずは学ぶことが重要。受講料の分納に応需しています

お申し込み・お問合せは下記にお電話、FAX、メールにてお願い致します。

YOJO SPA         : 03-3560-6172
日本健康美容鍼灸研究会  : kenbikai@nexsite.net

0

第1回 日本美容鍼灸振興大会 講師陣のご紹介

「第1回 日本美容鍼灸振興大会」講師陣のご紹介

「美 容鍼灸」という分野が高い注目を集めるようになったことから、多くの専門家が唐突にこの分野の鍼灸を行うようになりました。しかし、鍼灸の一専門分野であ る美容鍼灸の施術を、利用者に対して「付け焼き刃」や「手探り」の状態で行うことは専門家の姿勢として正しいことではありません。そして、実際に、そのよ うな「美容鍼灸まがい」の施術によって、利用者が「不満足な結果」や「皮下出血によるトラブル」などの不利益を被る事例も増えています。

美容鍼灸を健全に発展させ普及させるためには、利用者に対して「満足」「安全」「安心」の施術を提供し続けていくことが必要です。そして、そのためには、美容鍼灸を実践する専門家がこの分野に関する正しい知識と十分な技術を身に付けることが不可欠です。

上記のような現状から、一般社団法人 日本美容鍼灸協会と日本健康美容鍼灸研究会(健美会)では、利用者に対して「満足」「安全」「安心」の美容鍼灸を提供できる美容鍼灸の普及と発展を目標に掲げて「第1回 美容鍼灸振興大会 第1部~第3部」を開催致します。

そして、今回は、「第1回 日本美容鍼灸振興大会」の開催の趣旨にご賛同くださり、日本全国からお集まりくださいます講師の先生方と協会からの講師をご紹介させていただきます。

特別講師
沢田昌子(沢田治療院 院長 全日本鍼灸マッサージ師会 学術部委員)

第1部 招待講演 美容鍼灸の可能性

孫杰(東洋医療専門学校 講師)

第2部 特別講演 中医体質学と美容鍼灸

王財源(関西医療大学 講師)

第3部 特別講演 中医学に基づく実践美容鍼灸

第3部 実技公開 九針による美容鍼灸

第一部 講師
秋谷聰里(トライデントスポーツ医療看護専門学校 講師)

専門学校教育の美容鍼灸導入事例

百木彰彦(一般社団法人 日本美容鍼灸協会理事 ボディリゾート・MOKA)

美容鍼灸の実践と経営の工夫

武井浩二(一般社団法人 日本美容鍼灸協会理事 Kozy御苑前鍼灸治療院 院長)

美容鍼灸導入の利点と注意点

金森慈治(一般社団法人 日本美容鍼灸協会理事 吉祥寺アキュモ)

開業鍼灸師のための美容鍼灸導入指南

美容鍼灸安全管理講習 講師
佐藤順一(一般社団法人 日本美容鍼灸協会理事)

美容鍼灸のリスクと安全管理

第二部 講師
北川直子(日本東方美容協会)

実技公開 : 手技による経穴美顔術

入江恵美子(横浜スパ イアス 東方健美 店長)

「スパイアス」における東方美容と美容鍼灸

第三部 講師
西條信義(西山薬局 西山鍼灸院)

女性の月経周期と美容鍼灸

足立沙瑛子(ハイアットリージェンシー京都 RIRAKU スパ&フィットネス)

ホテルスパにおける伝統医学と美容鍼灸

大会会長 第1部~3部 講師
北川毅(一般社団法人 日本美容鍼灸協会 代表理事 日本健康美容鍼灸協会 会長)

大会の詳細につきましてはコチラの記事をご覧ください

↓↓↓↓↓

http://ameblo.jp/kenbi-kai/entry-10661702251.html

0

10月25日(月)~27日(水)にインテックス大阪において、ビューティーワールドジャパンウエストが開催されます クラッカー


この展示会は、美容産業にかかわる全ての製品・情報・サービスが国内外から集う、日本最大のビューティー国際見本市で、ビューティーワールドジャパンの西日本版として2006年度から毎年10月に大阪で開催されています。主催はメサゴ・メッセフランクフルト株式会社。

ビューティーワールドジャパンウエストは、多くの業界関係者はもちろん、最近ではホテル、レジャー、医療機関関係者など、異業種の方々からも高い注目を集めており、西日本最大規模のビューティー総合見本市として、美容産業においては最も高い評価を得ているイベントです 合格

昨年のビューティーワールドジャパンウエスト(写真提供 : メサゴ・メッセフランクフルト株式会社)

僕とビューティーワールド ジャパンのお付き合いは、5年前(2005年)に東京で開催された際にメインステージセミナーの講師を務めたことに始まりました ニコニコ

以来、東洋医学と美容に関するテーマの企画が行われる場合には、お声をかけていただくようになり、2008年度のビューティーワールドジャパンウエストにおいても、メインステージで「東洋美容ノススメ」というテーマで東洋の伝統美容のお話と経穴美顔術(フェイシャル・アキュポイント・トリートメント)および美容鍼灸のデモンストレーションを行いました。

2008年の僕のステージセミナーの様子

そして、今年は初日のメインステージで「東方美容と経穴美顔術」というタイトルのステージセミナーを行います ひらめき電球

日時は、10月25日(月)の12:40~14:00です。
詳細はこちらをご覧ください → ドア

ビューティーワールドジャパンウエストは、ネットで事前に参加申込みをすれば、入場が無料となります。

入場のお申し込みはコチラからドア

美容鍼灸が普及し始めたこと、ここ数年、僕がステージセミナーの講師を務めているということもあり、ビューティーワールドジャパンウエストには、多数の鍼灸師や専門学校の学生さんたちも来場されるようになりました よろこび

ビューティーワールドジャパ ウエストは、美容産業のトレンドを知る意味では非常に重要なイベントです オススメ

僕のステージセミナーも参加は無料ですので、関西在住の皆さん、
是非とも10月25日(月)にご来場くださいませ m(_ _ )m

そして、僕を見かけたら、面識がなくても必ず声をかけてくださいね ニコニコ

ビューティーワールドジャパンウエストでお会いしましょう!

See you at Beautyworld Japan West !

11月3日(水・祝)には、日本における美容鍼灸の健全な普及と発展を目標に掲げ、一般社団法人 日本美容鍼灸協会との共催により「第1回 日本美容鍼灸振興大会 第1部」を開催致します。

また、当日は、大会プログラムの一環として、安全で事故のない施術の実施を目的とした「美容鍼灸安全管理講習」を実施致しますので、健全で安全な美容鍼灸を志すご専門家の皆様、是非ともご参加くださいますようご案内致します。

大会の詳細につきましてはコチラの記事をご覧ください

↓↓↓↓↓

http://ameblo.jp/kenbi-kai/entry-10661702251.html

0

前回は、” 美容鍼灸にまつわる「嘘」と「罪」” と題しまして久々に少々過激な内容の記事を書きましたが、嬉しいことに、この記事にいくつかのコメントを頂戴しました。

コメントをくださった中堅教師さん、東京の鍼灸師さん、船井総研の松本治さん、有難うございました m(_ _ )m

特に東京の鍼灸師さんから頂戴した下記のコメントの内容には、見過ごすことのできない大きな問題が含まれています 注目

↓↓↓↓↓

一部のメディアで目立つことで、自称有名とする人が本当に多くなりました。その上「有名人が教える」で指導者になる・・・
インターネットの弊害でしょうね。

インターネットには「無審査」で広く情報を流すことができます。

そのため、本来であれば、インターネットを利用して情報を流す人間は一定の「責任」が発生することを自覚し、情報は責任感を伴って発信されなければなりません ひらめき電球

東京の鍼灸師さんが指摘される「自称有名」とは、オフラインの現実の世界では相応の知名度もなくおおよそ無名の人間が、ネット上では現実の世界でもあたかも有名人であるかのように振る舞っているということです 叫び

つまり、それは「責任」を軽視した「嘘」から始まり、その嘘が積み重なって出来上がった「虚構の有名人」です ドクロ

現実的な努力と実績の積み重ねによって獲得された本物の評価ではありません。

したがって、地道な努力を積み重ねることなく、インターネットを悪用して「自称有名人」になろうなどとすることは、真面目な専門家の地道な努力を冒涜する行為ではないでしょうか 汚

特に、見過ごすことのできなのいのは、現実の世界ではおおよそ無名の人物が、ネット上で「~の」という表現を使うことで「有名人」を自称する行為です。

美容鍼灸の分野では、僕ですら「北川 毅の」などという表現は使いません。

そもそも、専門家としての「品性」が問われますから。

そして、さらに見過ごせないのは、その発言内容です。

「駆け出し」の立場で、まるで鍼灸業界の大御所のようなご意見です。

一体、何様のおつもりなのでしょうか。

このような風潮を放置しておいては、利用者からの誤解を招くばかりでなく、鍼灸師全体のレベルが問われることにもなりかねません 得意げ

「有名になる」というのは、あくまでも一つの結果であり、それ自体を目標とするものではありません NG

だから、決して単なる「自己顕示欲」に陥ってはいけません NG

「インスタントな指導者たち」「自称有名人たち」には、胸に手を当てて、専門家として自分たちの言動が恥ずかしいことではないかどうか、もう一度よく省みて欲しいと願います。

このような現状を重く見る私たちは、日本における美容鍼灸の健全な普及と発展を目標に掲げ、一般社団法人 日本美容鍼灸協会との共催により、11月3日(水・祝)に「第1回 日本美容鍼灸振興大会 第1部」を開催致します。

また、当日は、大会プログラムの一環として、安全で事故のない施術の実施を目的とした「美容鍼灸安全管理講習」を実施致しますので、健全で安全な美容鍼灸を志すご専門家の皆様、是非ともご参加くださいますようご案内致します。

大会の詳細につきましてはコチラの記事をご覧ください

↓↓↓↓↓

http://ameblo.jp/kenbi-kai/entry-10661702251.html

0

このブログのテーマである「美容鍼灸」という分野は、この3年ほどの短い期間で急速に注目されるようになった鍼灸と美容の専門分野です 美

そして、今となっては意外なことかも知れませんが、ほんの4年ほどには、美容鍼灸を実践している専門家(鍼灸師)は、日本にはほんのひと握りしか存在していませんでした 目

例えば、Google や Yahoo ! のようなインンターネットの検索エンジンで「美容鍼灸」をキーワードとして検索をかけると、現在では無数のサイトがヒットするようになりました。

しかし、4年前には10件もヒットしないというのが実状でした ひらめき電球

この事実は、今の世の中にはびこる、美容鍼灸にまつわる「嘘」と「罪」の存在を明確に示すものです 汚

例えば、現在、美容鍼灸を行っている専門家の中には、他の専門家に対して「指導」を行うに値するほどの十分な経験を積んだ人物は、おおよそ存在しないというのが真実です。

ところが、このような実状に反して、昨今では、「美容鍼灸」という専門分野以前に、鍼灸師としての経験が圧倒的に不足している駆け出し鍼灸師までもが、美容鍼灸に関するセミナーを開講するようになってきました ううっ...

このことは、「美容鍼灸」という分野が、未成熟な分野であったことから、その講師に、人にものを教えるに値する知識、技術、経験があるかどうかが判断されにくいという現状に起因するものと考えられます。

他人に対して「教える」とは、本来はどういうことでしょう。

一定以上の経験を持ち、その経験から身を持って学んだことを人に伝えていくことではないでしょうか。

「本物」とは、決してインスタントになれるものではありません。

ましてや、「講師」や「指導者」はインスタントな立場で務まるものではないでしょう。

専門家(鍼灸師)として、まだまだ修行中であるはずの人物が、専門分野を人に教える。

そのような大それたことは、その専門分野(ここでは鍼灸)をインスタントに考えていなければできるものではありません。

本来であれば、いかなる専門分野においても、とても度胸のいることだと思います。

だから、これまでの日本の鍼灸の世界には、このようなインスタントな講師はいませんでした。

そして、このようなことが横行するようでは、日本では、美容鍼灸のみならず鍼灸の健全な普及と発展を望むことはできません。

インスタントな指導者には、同じくインスタントな専門家しか育てることができないということを、行う側も受ける側も認識することが望まれます。

このような現状を憂う私たちは、日本における美容鍼灸の健全な普及と発展を目標に掲げ、一般社団法人 日本美容鍼灸協会との共催により、11月3日(水・祝)に「第1回 日本美容鍼灸振興大会 第1部」を開催致します。

また、当日は、大会プログラムの一環として、安全で事故のない施術の実施を目的とした「美容鍼灸安全管理講習」を実施致しますので、健全で安全な美容鍼灸を志すご専門家の皆様、是非ともご参加くださいますようご案内致します。

大会の詳細につきましてはコチラの記事をご覧ください

↓↓↓↓↓

http://ameblo.jp/kenbi-kai/entry-10661702251.html